Hunaja-012

はちみつとミツバチ

はちみつって、とっても万能な食品です。天然素材であるはちみつは、甘味調味料としてベイキングやお料理に、はたまたお肌のお手入れにと、あらゆる生活の場面で使えます。ミツバチたちが作り出す100%ナチュラル食品、それがはちみつ。私たちは、ミツバチの巣から集めたはちみつそのままを、何も加えず容器に詰めてお届けします。

はちみつはミツバチたちが植物から花蜜を集め、それをはちみつにすることで生まれます。私たちが容器詰めするのは百花はちみつで、ミツバチたちが様々な種類の花々から集めた花蜜で作られるものです。北欧、とりわけフィンランドの夏は非常に短いものです。日照時間、自然がもたらす実り、虫や動物たちの活動・・、全てが短期間にギュッと凝縮されています。当然、はちみつの採蜜期間も南緯度の国々に比べ、極端に短くなります。こういった地理的条件にフィンランドの自然の多様性も相まって、短い夏の間、ミツバチたちはどの種類の花からも、ほぼ同時期に効率的に花蜜を集めるのです。フィンランド産はちみつのほぼ大半がこの百花はちみつなのは、こういった理由からです。

 

読んでみよう!はちみつに関する4つのファクト。

 

はちみつってどのくらいの期間もつの?

 

はちみつは容器の蓋を閉め、室温保存して少なくとも2年はもちます。さらに長期間保存しても、その味も特徴も損なわない場合が多いです。はちみつは他の食物からのにおいや湿気を吸いやすいので、冷蔵庫での保存は避けましょう。冷蔵庫内の湿気により、はちみつが発酵してしまう可能性もあります。

Hunajasta
はちみつは、甘味調味料に、ベイキングの材料やコスメティック素材にと、何にでも万能な自然の恵み。運動時のエナジー補給にも、はちみつはぴったりです。

例えば畑なら、肥料を与えるなどして、農作物にとって最適な状態へと、自然環境をカスタマイズしないといけません。その点、自然に少しも手を加えることなく収穫することのできるはちみつは、非常にエコロジカルな自然食材であるといえます。しかしながらミツバチたちは、自生植物であろうが栽培植物だろうが区別することなく花蜜を集めます。そのため、ミツバチの蜜集めはそのまま、あらゆる植物の受粉に繋がり、 農作物がよく育つ。そのことを考えた時、スプーン一杯のはちみつを口にするたび、私たち人間はみつばちたちをサポートし、自然環境に優しい行いをしている、そんな風に言えるのではないでしょうか。

 

はちみつはヘルシー?

 

人類の歴史の中で、はちみつと蜜ろうは薬学的、宗教的そして文化的にも重要な自然素材とされてきました。ある時代にははちみつは寿命を伸ばすと信じられ、スポーツマンははちみつを持久運動後の疲労回復のために使いました。現代では、フィンランド医学者協会が医学・薬学的データに基づき公式に設定した国民ヘルスケア・メディカルケアガイドライン の中でも、はちみつを症状の緩和や予防に使うことを推奨する記述がたくさん出てきます。料理や運動時のエネルギー補給、スキンケア商品にと、あらゆる場面ではちみつが使われています。

みつばちが花蜜を集める際、蜜に混じって花粉もついてきます。花粉はプロテイン、アミノ酸、炭水化物、ビタミン、フラボノイド、酵素、ミネラル、抗菌作用をもたらす物質やホルモン的に作用する物質などを含んでいます。花粉は内臓のバランスを整え、免疫力を高めます。花粉に含まれる抗菌作用のため、昔から人々は感染症の予防やその治療、消化機能の促進などのために花粉を服用してきました。

Hunaja sopii esimerkiksi jugurttiin
そのままでも、お料理に調味料として使ってもおいしいはちみつ。定期的にとることで、はちみつ健康パワーを最大限に享受することができるでしょう。

フナヤウフトゥマのはちみつはどこから来るの?

 

フィンランド中の契約養蜂場から届くフナヤウフトゥマのはちみつ。プロたちの素晴らしい養蜂スキルのおかげで採れる高品質なフィンランドはちみつパッケージには、国産優良品であることを保証する白鳥マークがついています。また、フナヤウフトゥマは食品安全マネジメントISO 22000規格認証を受けているフィンランドはちみつ業界で唯一の企業。これら国産優良品表示や規格認証は、常に高品質で、クリーンな自然商品を消費者に提供する会社であるという合格認定証のようなものと考え、フナヤウフトゥマはさらなる高みを目指していきます。

フナヤウフトゥマ商品ラインアップの中でも 変わり種商品のミエレイネン。フィンランドはちみつと水溶性食物繊維をミックスして作られています。加えた食物繊維の分だけ炭水化物量減となる上、普通のはちみつに比べて甘さがぐっと控えめに。食物繊維がはちみつ特有の結晶化をさまたげるため、常に流れるような滑らかテクスチャーを保ちます。そのため使いやすく、とっても手軽な商品です。

ミツロウ(蜜蝋)はスイーツ、ろうそく、革製品のお手入れや化粧品の原材料としてなど、生活に身近なところで幅広く活用されています。

 

とってもおもしろい、ミツバチの世界

 

ミツバチの世界は自然界最高の知恵の宝庫です。みつばち社会の素晴らしい民主主義性、無限の勤勉性や女王バチ選出のプロセスなど、彼らの生態システムモデルは、この小さな昆虫の中に潜むインテリジェンスのほんの一部にすぎません。

  • ミツバチのダンスってなに?? ミツバチたちは、同じコロニーの仲間に花蜜のありかを伝えるダンスをします。このダンスにより、無駄に長い飛行でエネルギーを消耗することなく、花蜜を効率的に集め、巣へ運ぶことができます。
  • 女王バチの選出ってなに?? ミツバチたちは新しい女王になるはちの幼虫をコロニー内で選出し、より強く大きな女王バチに育つよう栄養価の高い餌をたっぷり与えた上で、大切に世話します。
  • ミツバチの引っ越しってなに?? 新しい巣が必要になると、ミツバチ社会の下見係が、あたかも不動産見学の如く、新しい巣の候補地を見に出かけます。最終的な決定はコロニー内の多数決によって下され、その結果次第で新居が決まります。

はちみつについてよくある質問

お買い物カゴ
Scroll to Top